1/35 ツヴァーク ♯12 【2023年 完成品2號】

1/35 ツヴァーク。ラストです。

2301113.jpg

この仕上げの粗すぎる腕ですが、肩にアーマー未装着です。
以前紹介した通り、ニクロム線を巻いて簡易スプリングを自作したもので接続します。

2301114.jpg

肩アーマーを接着。
残るは僅かです。

2301115.jpg

2301116.jpg

同じようにニクロム線を巻いた動力パイプを接続しています。

2301117.jpg

武装も組み上げ・塗装・汚しが完了。

2301118.jpg

径の合う反射シールを貼り。

2301119.jpg

Hアイズのグリーンを接着。

2301120.jpg

ボディに接着。

2301122.jpg

2301123.jpg

2301124.jpg

2301121.jpg

1/35 ツヴァーク完成。2023年完成品、これでふたつです。仕上げが本当に粗いのですが、23日間で完成という、私にはありえないほどの速攻です。表面仕上げと塗装はいくらでもリテイクが出来ますので、まずはカタチにすることでまとめました。

2301128.jpg

2301127.jpg

ソリッドシューターはかなりヘビーな感じです。

2301126.jpg

特に意図してではないのですが、年明けから1/35ATの2連発となりました。
さて、次……です。

1/35 ツヴァーク ♯11

ツヴァークの続きです。

2301108.jpg

結局、大幅にスカイブルーを加えた青を塗り進めています。
グレイ部分ライトシーグレイ。手端の明るい部分は、明灰白色に少し青みを足したものです。

2301109.jpg

2301110.jpg

乾燥後、仮り組みしてみました。
脚のアウトラインは、設定とかなり違うアレンジをしてしまいましたが、まあまあ……ツヴァーク以外には見えんでしょコレ(*´~`*)。

2301111.jpg

と……悲劇は直後に起きました( /ω)。
脚を外す際、股間の軸を折ってしまいました。ここまできて、なんとした事だ(´д⊂)。

2301112.jpg

真鍮線で軸打ちし、瞬着で接着しました。

2301113.jpg

まるでマシーネンの製作のように、筆でペタペタの色を乗せていったので、酷い仕上がりになっています(ノ_<)。
が、このまま続けます。

1/35 ツヴァーク ♯10

ツヴァークの続きです。

2301060.jpg

このランドセル部分は完全に仕上がっているので……

2301102.jpg

塗り始めました。

2301103.jpg

肩のアーマーと肩ブロックの接続を全く考えていなかったので、そろそろ……しかし、あまり良い策がなく、エナメル線を巻いて疑似スプリングを、型のポリキャップカバーに開口して接着しています。

2301104.jpg

こんな具合です。

2301105.jpg

さて……塗れるところは塗り始めているのですが。

2301106.jpg

今、タミヤアクリルのフラットブルーを塗っているのですが、何か違う(°_°)。
なんの色味が違うのか……正直、良く解らないのです(´Д`*)。
こういうときに「色弱」である我が身がもどかしい。

2301107.jpg

……明度が足りない、のと赤味、もう少し紫方向へ寄せてみるか……と、フラットホワイトと赤を足してみましたが……まだまだです。

続きます。

1/35 ツヴァーク ♯09

ツヴァークの続きです。

2301096.jpg

肩アーマーです。
陸戦ガンダムか何かのそれを、幅増しし、不足部分にエポキシパテを盛って整形しています。

2301097.jpg

腕ですが、手首奥の機関砲は再現しないことにしました。
それをやるには、当初から想定しておかなければ相当難しいと、今更気付く始末(*´~`*)。

手首用のポリキャップを下腕内部に接着しています。

2301098.jpg

手首奥の機関砲を断念したので、土台部分の可動は不要となります。
プラバンを巻いて再現していきます。

2301099.jpg

整形しています。

2301100.jpg

手首の軸を通す穴を開けたプラバンを下腕先端に接着。

2301101.jpg

このような感じになりました。

続きます。

1/35 ツヴァーク ♯08

ツヴァークの続きです。

2301050.jpg

ハッチ最上部を整形。ボディの足掛け(?)はランナーを基に作っています。

2301051.jpg

2301052.jpg

2301053.jpg

股間部分はプラバンとエポキシパテで構築しています。

2301054.jpg

このような仕上がりです。

2301055.jpg

カメラアイ部分については素材についていろいろと迷いました。

2301056.jpg

メインカメラ部分は、もともと確保していた「新型デスラー艦」の下部大型ミサイルのノズル部分と、PGザクのパイプ。

2301057.jpg

サブカメラはボールの腕と砲のセンサーです。角型のセンサーはザクの口から加工しています。

2301058.jpg

カメラの台座(?)はプラバン積層です。

2301060.jpg

ランドセル部の動力パイプは、リード線にエナメル線を巻いたものです。

2301059.jpg

2301061.jpg

足掛け用のバーは、真鍮線を曲げてみましたが……イマイチです。

2301062.jpg

いろいろと満足はしていませんが、らしくは見えてきたと思いますが……。
続きます。

1/35 ツヴァーク ♯07

2301040.jpg

ツヴァークの続きです。

2301045.jpg

ソリッドシューターのほうですが、後部の排気口が一体成型でした。ここを開口し、

2301046.jpg

プラバンで再構築しています。

2301042.jpg

次は腕です。
下腕はザクとは似ても似つかぬので、関節以外全てプラバンで作ります。

2301043.jpg

二の腕はザクから流用ですが、エポキシパテで肉付けしています。

2301044.jpg

こんな感じでまとめています。
手首部分のギミックをどうするかは思案中です。

2301047.jpg

ボディに戻ります。
右胸の……なんと呼ぶんですかねアレは? AТ共通のハッチのハンドル部分 ?をスジボリ&カットで再現し、

2301048.jpg

貼り付けます。
続きます。

1/35 ツヴァーク ♯06

2301026.jpg

2301027.jpg

ツヴァークの続きです。

202212130.jpg

前に紹介した、玩具のスタンディングトータスМKⅡです。
これに付属の……

2301030.jpg

ソリッドシューターです。
1/35ストライクドッグ付属のソレのことは、もうあまり覚えていませんが、形状はまあまあ良いかと思います。

2301031.jpg

ネジ止めとなっているもりを、まず分解です。
流石に玩具なので、弾丸発射機構が付いています。
これを取り除きます。

2301032.jpg

弾丸発射用のトリガーは上部にはみ出しているため、この開口部をプラバンで塞ぎます。

2301033.jpg

発射口は中にザクバズーカの先端部を接着しました。

2301034.jpg

後部の排気口は流石に雑なため、一度開口しています。

2301036.jpg

断層もスカスカです。プラバンで塞ぎます。

2301037.jpg

グリップ部分も潔いほどの棒です。

2301038.jpg

こんな感じに加工し直しています。可動式です。

2301039.jpg

だいぶまとまってきました。

2301041.jpg

2301040.jpg

だいたいイメージした通りに担ぐことが出来ました。

続きます。

1/35 ツヴァーク ♯05

2301011.jpg

ツヴァークの続きです。

2301012.jpg

バランスとしては、こんなもので大丈夫かと思います。

2301013.jpg

2301014.jpg

足首です。
コアの部分を取り巻く部分を、プラバンで構築しています。

2301015.jpg

まずはつま先部分です。

2301016.jpg

脛部分もプラバンの切り出したものを軸にします。

2301017.jpg

踵部分もプラバンで構築しています。

2301018.jpg

切り出したプラバンを脛の部分に接着。

2301019.jpg

2301020.jpg

だいぶ全体像が見えてきました。

2301021.jpg

脛部分の膨らみは、エポキシパテを盛るつもりですが、プラバンで梁を仕込んでいます。

2301022.jpg

2301023.jpg

踵部分、脛部分にエポキシパテを盛りました。

2301024.jpg

まだ表面の整形がまだですが……なんとなく、アストロゲーター・ラウンドバーニアンに見えてしまうのは(/∀\*)……。

2301025.jpg

続きます。

1/35 ツヴァーク ♯04

ツヴァークの続きです。

2301001.jpg

腰……というより又です。これはHGUCの05ザクのジャンクを流用します。

2301002.jpg

脚は難しいところです。なにしろ短足なので……そこで、前に触れたHGUCの砂漠塗装ザクから供出。足首近辺の二重関節を脚全体の関節へ転用してみます。

2301003.jpg

ズラリと並んだ……今となっては貴重なHGUCザクの頭です。
なんと貴重なコレを……

2301004.jpg

頭頂部をゴリゴリと穴を開けます。

2301005.jpg

2301006.jpg

いつもの手です。ポリキャップを瞬着で無理矢理接着し、エポキシパテで強制固定。

2301008.jpg

そして、各頭部をこのように接着。
これを腿部分としました(;゜0゜)。

2301007.jpg

足首のコアとして、ポリキャップの受け部分を切り刻んで、こんな感じにまとめています。

2301010.jpg

HGUCシャアザクの太ももをカットして、脛部分へ加工を試みましたが、これは時間をかけた挙句、上手くはいきませんでした。

2301011.jpg

М級のドッグ系と比較すると、このような体格となります。

続きます。

1/35 ツヴァーク ♯03

202212153.jpg

ツヴァークの続きです。

202212154.jpg

ランドセルをプラバンで作ります。

202212158.jpg

タンクは1/72ファントムⅡのドロップタンク等のジャンク……青いのは……たぶんアオシマのアオイダーかコバルター(ダイオージャですよ)の部品です。

202212157.jpg

202212159.jpg

続きます。

1/35 ツヴァーク ♯02

ツヴァークの続きです。

202212144.jpg

202212145.jpg

切り出したボディ側面のプラバンを、ジムボディに貼ります。

202212146.jpg

202212147.jpg

どんどんプラバンを貼り込んでいきます。

202212148.jpg

202212149.jpg

202212150.jpg

わずか数時間ですが、かなり乗って作業出来ました。

202212151.jpg

202212152.jpg

ジャンクでカドの補強などしています。

202212136.jpg

腕に関してはやはり完成品のコイツから拝借します。

202212153.jpg

現状、勢いだけで進めています。
続きます。

1/35 ツヴァーク ♯01


202212093.jpg

202212094.jpg

さて、先日、ブービーダックのパーツと共に発掘した、
2017年当時、1/35ツヴァークをやろうとした残骸に刺激を受け、また病気が出てしまいました。

202212134.jpg

1/35ツヴァークに、チャレンジです。

202212135.jpg

ジャンクとプラバンがメインです。
とりあえず思い付きで、腰はHGUCザク、上半身は同ジム……たぶん寒冷地用。

202212136.jpg

最悪……このザクを犠牲にする程度でまとめてみたいと思います。

202212137.jpg

シャアザクの太ももを発掘。これをそのまま活用できるかはまだ解りませんが……。

202212138.jpg

202212139.jpg

ジムの上半身を気の向くまま間に削っています。

202212140.jpg

202212141.jpg

202212142.jpg

結局、胸板の殆どを切り落としています。

202212143.jpg

厚紙でボディの側面図を切り出し、それをガイドとして、プラバンを切り出しています。

202212144.jpg

凹ディテールを加工し、腕の軸穴を開けます。

続きます。
訪問者数【2000.6.21〜 通算】
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Webmaster

 sa-toshi

Author: sa-toshi
このブログはウェブサイト『やまとは くにの まほろば』の一部です。ブログのみで閲覧されている方はhttp://www.yamato-mahoroba.netからの再閲覧を推奨致します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧