フラッシュバック1983 ♯15

続きです。

20191027.jpg

20191029.jpg

アゴ・頬にエポキシパテを盛り、どこまで自分の脳内イメージに近付けられるかは判りませんが、整形作業の準備です。

20191024.jpg

胴体上面部分は、プラバンと流用パーツで作成。

20161025.jpg

このように、スジボリしています。スジボリした部分に塗料を流してみました。

20191019.jpg

さて、胸板部分の裏です。かなりグチャグチャしておりますが、16歳当時は必死に加工していたと思います。

20191020.jpg

完成後はあまり見えなくなる部分ですが、スリット入りのプラバンで裏打ちし、

20191026.jpg

このような感じに仕上げています。



フラッシュバック1983 ♯14

さて、腕、脚、背部パーツと各部並行してカタチになりつつあるので、胴体もまた進めなければなりません。

20191006.jpg

胸板部分の天井(?)にプラバンを貼り……

20191007.jpg

加工・整形していきます。肩付け根近くの「マルイチモールド」は16歳時の加工作業ですが……ちょっと気になるところ。

20191008.jpg

天井(?)にスジボリと「マルイチモールド」の為に開口。
肩付け根近くの「マルイチモールド」は加工し直してみます。
次はアタマ……なのですが、

20191015.jpg

イマイ、バトロイドのS型ヘッドは非常にカッチリとしたもので……これはこれで悪くはないのですが、何かイメージが違うような気がしてなりません。

20191013.jpg

左側は件の可変キットのもの。とりあえず右のイマイ、バトロイドのS型ヘッドのカメラ部分に手を入れ始めました。

20191012.jpg

首にはガンプラのポリキャップを無理やり仕込んでいます。

手書きセルアニメですので、描かれる度に形状は微妙に異なり、正解などどこにも無いような話です。
例えば……↓コレなどは割とイイ感じにも思えます。

20191014.jpg

完璧……とは思えませんが、頬からアゴへのラインはこのようにほっそりしているほうが「らしい」のではないかと。

20191016.jpg

ちなみに……1/100相当のプライズものです。変形が可能。そして、変形モノでありながら腕部がほっそりしていないのは見事な設計だと思います。

20191018.jpg

メーカーは不明。バンプレストではありません。

この画↓など見ますと、アリイの1/100キットが一番似ているのではないか……などと考えてしまいます。さて……

20191011.jpg

フラッシュバック1983 ♯13

ちょこちょこと進行しています。

20191009.jpg

ここもずっと迷っていた箇所……ファイター時の後脚の前扉のライト部分。
設定画ではベタで塗りつぶされていながら、確かイマイ1/72キットなどでは、しっかり赤青のデカールが用意されていたかと。
ここはアリイ1/100ファイターの同パーツを移植することでしのぎました。

20191001.jpg

背部スーパーパーツはストレートに組んでサフまで吹いていましたが……

20191002.jpg

以前にも書いた、当時作ったイマイの1/72可変バルキリーにスーパーパーツを移植したものの背部スーパーパーツ (右側) がまだ残っており、メインノズルの下に隠れる部分……ここにちゃんとプラバンを貼って整形しているのを再発見……まったく記憶がないのですが……16歳の私は52歳の今よりも情熱を持って作業していたのは歴然。

20191003.jpg

で、16歳の私が苦労したものを、レストアすることにしました。
この部品、発売当初から左右の合わせがかなりイマイチのため、きちんとツライチになるよう削ります。

20191004.jpg

設定画や本編で確認できるディテールを多少追加しています。

20191005.jpg

ノズルは部品不足のため、流用パーツを加工です。もとは1/60ザク06Rのもの。

フラッシュバック1983 ♯12

続きです。

mandm.jpg

10年前のブログから写真を再掲載です。
リボルテックのマックス&ミリア VF-1Jです。が……これ実はちょっと違います。
♯27 『愛は流れる』(1983-4-24)で、マックスとミリア機は、この腕のパックは付けておりません。これは映画版のデザインですので。……映画ではマックス&ミリアは最終決戦ではクァドランに乗っていますし……これって昔とは完全に逆転現象です。

1985年当時、イマイ1/100スーパーバトロイドを筆頭に、1/100のアリイの数々のスーパーバルキリーのキットは、2連ビームキャノンと翼下のミサイルポッドと反応弾の追加パーツこそあったものの、ほかのパーツは全てテレビ版のスーパーパーツのままであったかと記憶しています。イマイ1/72のスーパーファイターはボックスアートこそ映画版をフォローしつつも、キット内容は以前と同じ。
まぁこの腕のスーパーパーツ以外はそれでもまずまず問題は無かったと思うのですが……結構強引に押し切っているよなぁ……と、当時から感じていました。
余談ですが、特にアリイさんのアグレッシブルな商品展開は、VF-1Dのスーパーバルキリーや、輝機のVF-1Jスーパーバルキリー(?)、マックス&ミリアのVF1J完全変形スーパーバルキリーに2連ビームキャノンが付いていたりと、怒涛の勢いでして、高校生の身にはとても購入が追いつかず、辛かったです。

時は流れ……今やその真逆の状況となっております。やまと(現・アルカディア?)も、バンダイのキットもハイメタルもハセガワも、ありとあらゆる造形物が映画版のアレを腕に付けています。
もうだいぶ前の話ですが、『マクロス7』でエキセドルが映画版の姿で登場したのを観て、「映画版の設定が公式……という流れになっていくのか」などと思いましたが、私にとっては【テレビ版こそがマクロス】ですので、ここは拘る以外ないのです。

DSC_0111.jpg

イマイのスーパーバルキリーのスーパーパーツ部分です。おぉ、これこそまさにテレビ版!
これをカットして加工していきます。

20190920.jpg

201909221.jpg

こんな感じで加工していきます。と、1行で書いていますが、これに何日も費やしています。
ミサイルのパーツは、イマイ1/100スーパーバトロイドの流用です。

201909222.jpg

腕全体とのバランスはこんな感じになります。

フラッシュバック1983 ♯11

今回は腕について……。

img_8818_2.jpg

内部骨格の大部分をHGUCクロスボーンガンダムの脚部を流用すると以前に書きましたが、

DSC_0097.jpg

下腕に関して30ウン年迷いましたが、結局ガウォークのものを形状修正して使用することとしました。
このパーツは手首が生える部分の形状がかなり妙ですので、バトロイドのそれを参考に削りました。

DSC_0099.jpg

肘近くのマルイチモールドもないため、穴を開けておきます。

DSC_0098.jpg

手首はHGUCのザクから流用し、手首の取り付け部は流用パーツで適当に処理しています。
手首はHGUCのザク……これの流用でよいのです。丸指でちょうど良いのです。
コイツの仕様は……
♯24 『グッバイ・ガール』(1983-4-3)
♯27 『愛は流れる』(1983-4-24)
ですので。

DSC_0110.jpg

……最近の設定等何も知らないので、この部分の名称が判りません(。>ω<。)ノ
とにかく、デカール表現はまずかろうということで加工しています。

DSC_0111.jpg

さて……下腕のスーパーパーツです。
ここは、ある意味で今回最大のポイントかも知れません。

思うに……1980年代は『スーパーバルキリーのデザインは、テレビ版と映画版は別モノ』という一般認識がまだあったと思うのです。しかしながら、今世紀になってからでしょうか、その認識が曖昧となり……それには世界観の再構築となるオフィシャルな要因が多々あったのかもしれませんが……素晴らしい商品が多々発売されております (値段もまったく素晴らしい) が、そのほぼ全てが『映画版のデザイン』に統一されているようです。
……しかし、

qr6.jpg

コレはリボルテックの『ミリア機』ですが……ちょっと待ってください……この機体は ♯27 『愛は流れる』(1983-4-24) には出てきておりません。腕のスーパーパーツが完全なる映画版(*・`ω´・)ゞ。
50すぎた男のセンチメンタリズムに過ぎないのかもしれませんが……これだけはどうにも吞み込めないのです。

フラッシュバック1983 ♯10

img_8790.jpg

続きです。

img_8882.jpg

脚についてです。基本的にこれでまとめていきます。

DSC_0095.jpg

ひざ部分は、MGザクのものを幅つめと整形をし、こののように接着しています。
脚にあまり表情をつけるつもりはないので、これでOKです。

DSC_0100.jpg

ランドセル(?)について……左からイマイ1/72バトロイドのノーマルのもの、1/72ガウォークをベースに手を入れた36年前当時のままのもの、今回使用する1/72スーパーのもの。既に手が入っています。

DSC_0103.jpg

このように開口しています。

DSC_0102.jpg

36年前の工作です。最近ではこの部分はダクト風のディテールで表現されているようですが、当時の高荷画伯のボックスアートでは、このようにノズル3基で表現されていたはず……これをアップデイトする方向でいきます。

DSC_0106.jpg

DSC_0105.jpg

HGUCのジム系のランドセルのノズルとWAVEのマテリアルを組み合わせて、このように仕込んでみます。

DSC_0108.jpg

DSC_0109.jpg

当然のことながら、反対側のノズルもキットパーツをそのまま使う訳にはいかず、同様の処理となります。

フラッシュバック1983 ♯09 【フラッシュバック1983 ここまでの総括】

さて……今年は公私ともにかなり良くない年でして、モチベーションはダダ下がりの日々です。
気分を変えたいというのもあり、アレを再開することとしました。

image2841 (1)

コレ……1983年に作り始めたコレを最初に紹介したのが10年前の2009年2月
1/72のVF-1S バトロイドです。
イマイのバトロイドと、スーパーバルキリーを切り刻んで構成しています。
ホビージャパンの1983年4月号で、渡辺誠(現・MAX)氏が、バトロイドとガウォークをニコイチでバトロイドにしていた記事に感化され、スーパーバルキリーの発売後に作り始めました。
第27話『愛は流れる』で、輝機がミサイルの直撃を受ける直前の「見得を切る」ポーズを再現しようとしていました……こんな書き方では判らない人がいっぱいでしょうなぁ(;´▽`A``
この写真は……20世紀末には作業停止していた状態のモノを引っ張り出してパーツをかき集めたものです。

image2861.jpg

脚は、膝から上はバトロイドのものを幅詰めして、3ミリほど長さを伸ばしました。
膝から下はかなりいろいろやりましたが、結論としては「スーパー」のものをベースに考えました。スーパーパーツがあると、ボリュームとしてはそれほど悪くないと思ったので……もちろん、ノーマルのバトロイドだと、ちょっと華奢過ぎるので問題ありです。

image2871.jpg

image2851.jpg

機首の部分に、バトロイドから股の関節軸を移植したり、腰のスイングを実現したり、当時としてはかなり気合を入れて取り組んでいました。だいたい1年ぐらいかかっていたでしょうか。
発掘を終えて、パーツの欠損が無いことが判り、(この、2009年時点で)26年も経っていましたが、「ちょっと仕上げてみようかな」とゆったりですが、作業を再開しようと考えました。この時は、2009年がまさにマクロスの第1話のその年であること……というネタ的なノリではありました。

そんな感じでしたので、実際に作業を再開するまでに更に8年を費やしました

img_8774.jpg

img_8775.jpg

img_8782.jpg

この時点で……34年振りに製作再開です(ノд・。)。
今回は全てジャンクや流用で、しのいでいくつもりです。
1/144ガンプラの首周りのパーツに1/76ヤクトタイガーの内部構造パーツなどで構築。
『こんな行き当たりばったりのパーツ流用してしまうと、次にマックスやミリア機を作るときに整合性が……』などと昔なら逡巡しているところです。
が、こんなにも放置していたものを仕上げようという時に、「2つ目、3つ目」の心配など、もはや無用です(≧∇≦)。
そんな時間は、もう残されていないでしょう。

img_8783.jpg

IMG_8779.jpg

IMG_8780.jpg


img_8790.jpg

肩関節もガンプラのものを最小に切り詰めて使用します。
身体の厚みは、ほぼ当時の想定通りです。
かなりスカスカ感がある訳ですが……戦闘機のボディーを二つに折る、などという無茶な変形なのですから、何もかもぴっちり密閉してしまう、というのはウソっぽいと当時から思っていました。
頭ですが、スーパーの頭部に耳のレーザー砲はイマイの変形モデルのものを使用しています。
ウン十年の試行錯誤の果てに、モノにならなかった胴体部分が、わずか数日で形を成すとは(^-^;。10代20代30代40代の自分は……一体何を迷っていたのだろうか、と(。>0<。)

img_8794.jpg

img_8818_2.jpg

腕のパーツをどうするかについても、30ウン年逡巡しておりましたが……スーパー、つまりガウォークの腕を中心に構成してみます。
スーパーの肩パーツを加工し、ガンプラの関節部品を仕込みました。
肩の内部に回転軸を構築するのは諦め、そいつは二の腕のポリキャップに任せます。
腕の骨格ですが、1/144クロスボーンガンダムの脚を丸ごと流用しています。

img_8939.jpg

img_8911.jpg

すね部分のスーパーパーツは、バトロイド状態では、裏側がスカスカなのが目立ちそうです。
エポキシパテを詰めていきます。
ふくろはぎのタンクにも同様に『マルイチモールド』を仕込みます。
ただ、エポキシパテを充填して肉厚が増したため、このタンクがどうも内側よりにしかマウント出来なくなっています。もはや、戻り道はなく、タンクの片側の側面をカットする荒業に踏み切りました。

更に2年ばかり作業が止まっていましたが、次回から作業再開です。
訪問者数【2000.6.21〜 通算】
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Webmaster

 sa-toshi

Author: sa-toshi
このブログはウェブサイト『やまとは くにの まほろば』の一部です。ブログのみで閲覧されている方はhttp://www.yamato-mahoroba.netからの再閲覧を推奨致します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧