超戦艦 日本武尊 ♯31 【2014~2017年 ここまでの総括】

さて……今回は大長編です。2014年から製作している「1/700 超戦艦 日本武尊」の、これまでの作業工程を、ほぼ省略なし、写真数およそ170枚で、2014~2017年を一気にプレイバックします。

YT000.jpg

『旭日の艦隊』、『紺碧の艦隊』に登場する、「超戦艦 日本武尊」製作のため、中央公論新社のコミック版2巻の巻末に収録されていた図を、1/700相当に拡大コピーで作成しました。この画をベースフォーマットと考えて製作を始めました。

YT001.jpg

↑このイラストは昔、徳間書店から刊行されていた雑誌『奇想艦隊』に掲載されていた佐藤道明氏のイラストです。……だいぶ印象が異なります。
原作小説の表紙や、コミック版では、笠原氏、故・居村氏、故・飯島氏や、高荷画伯と多くの方々に描かれており、ディテールが異なっているように思えます。さらにアニメ版設定もあり、何が完全版かは解釈次第……ということが、製作上のメリットとなるであろうという見込みで、2014年10月に製作開始しました。その10年以上前から製作を夢想してはいたのですが、まほろば製作以前の私の力量では、所詮夢想に過ぎず、ちょっと難しかったかと思います。

「超戦艦」という触れ込みですが、この艦は大和より小さいです。故・飯島氏の『新・旭日の艦隊』の回想シーンでは、高野五十六総長が「戦艦の弱点を持たない、戦艦を超えた戦艦」といった構想を口にしており、「超々々弩級」といったパッと見のことではないということです。

YT002.jpg

ニチモの30センチ大和を芯として、いろいろ手を入れていきます。

YT004.jpg

大和に比べ、日本武尊の艦首は非常に鋭角的です。まず、艦首甲板部分に、米戦艦サウスダコタの艦首甲板のパーツを、裏表逆に接着します。

YT005.jpg

エポキシパテで、艦首延長のための盛り付けをし、整形し、

YT006.jpg

流用パーツをガイドとし、プラバンで艦首の上面形状を作ります。

YT007.jpg

側面にエポキシパテを盛り、形状を整えます。
新規で造形する部分は、私の技術レベルでは水平や垂直を出すのが難しいため、流用パーツをガイドとして土台に仕込むようにしています。赤いのは、陸戦にしたサザビーの、使用しなかった足底です。

YT010.jpg

まだ途中ですが、だいたいの形状はOKかと思います。

YT009.jpg

芯としたニチモの30センチ大和は、名前の通り30センチしかありませんので、長さが足りません。
延長するのは確実な為、中心近くで切断しました。このほうが作業しやすいはずです。

YT017.jpg

フジミの1/700大和と図面を並べます。長さはほぼ同じですが、大和のほうが最上甲板が広いです。日本武尊は第1主砲後方に向かって絞っていくような形状です。上面のアウトラインがまるで違うので、やはり流用しなかったのは正解です。

YT008.jpg

延長する艦体後部は、ここもサウスダコタの艦体を切断したものを使用。さらに、日本武尊の艦尾部分は、上甲板に向かって絞っていく感じで、サウスダコタとは真逆。
ですから、更に艦尾を切断して、上下逆に接着しています。

YT011.jpg

YT012.jpg

補強のために、3ミリプラ棒を張り巡らして接着しています。

YT014.jpg

大和とサウスダコタのドッキング。値段が安いという理由だけで中古で購入し、何年も寝ていたサウスダコタですが、偶然にも30センチ大和と最大幅がぴったり同じで、艦尾の丸みも日本武尊の上下逆ということで、大変重宝しました。

YT016.jpg

上下を逆にしたサウスダコタの後甲板は、当然上面がスカスカです。プラバンを貼り、最後部の機銃の台座部分をプラバンの積層で作ります。

YT015.jpg

面積的に……機銃が図面通り載せられるかどうか……

YT019.jpg

気分転換ということもあり、時々造形する箇所を変えます。
旧1/700ヤマト (宇宙戦艦のほう) の上甲板の一部を切り出しています。どこかは、見たまんまの場所です。

YT018.jpg

このスロープ部分の土台に使用します。以前にwebでこの作業をやっておられた方がいらっしゃるはずなのですが、改めてググッも再発見できませんでした。参考にさせてもらいたいと考えておりましたが、我流でやります。

YT020.jpg

更に切り出して左右別とし、このように接着しました。

YT021.jpg

おおむねこのような感じかと。

YT022.jpg

艦体の基礎製作では、とにかく3ミリプラ棒を消費しています。最上甲板の土台にも使っていますが、現物合わせで結構雑です。

YT023.jpg

最上甲板の基礎は、1ミリプラバンです。

YT024.jpg

YT025.jpg

さすがに、サウスダコタの艦体ですから、何から何まで同じとはいきません。エポキシパテで側面形状などの修正をしています

YT026.jpg

積層プラバンとエポキシパテのコンビで形状を作っていきます。このスペースは煙突が配置されるのですが……

YT027.jpg

コレ↑を流用しようとの目論見です。「ムサイ」の煙突です。この作業は少し後で……。

YT029.jpg

そろそろバルジの造形にかかります。

YT028.jpg

WAVEのマテリアルや流用パーツ (後ろの緑色はイマイのケルカリア、前の白いのは、ハセガワ1/72 F2のドロップタンクです) で土台を作成。ウォーターラインモデルにしておいて正解でした。フルハルだと、このバルジ全体でどれほどの時間を費やすことになったか……。

20200425.jpg

20200426.jpg

かつて……2008年 (12年前!)に完成した、この「まほろば3199」製作に7年弱 (放置期間が多いですが) を費やした再現となること必至です。

YT030.jpg

YT031.jpg

もちろん、粗いなんてもんじゃない状態ですので、プラパテの消費も甚だしいです。

YT032.jpg

また後部に戻ります。
上甲板のデッキ類は、プラバンや流用パーツで製作を。

YT038.jpg

この後部甲板周辺をある程度仕上げていきます。

YT033.jpg

機銃を載せてみました。最低限の面積は確保できていたのを確認。実際に接着するのは、今しばらく先となりますが。

YT034.jpg

流用パーツやプラバンでコレ↑を作りました。が、コレが何かさっぱり解りませんでした。VLS(垂直発射セル)としてはあまりに大き過ぎます。

YT035.jpg

と、悩みつつも進めていきます。

YT036.jpg

主砲のバーベットは、タカラトミーの連斬大和のものを切り出しています。

YT037.jpg

中央構造物は、大和のパーツを加工し、基礎を作り始めています。が、このあたりの形状が脳内で把握できていない為、手の動きが鈍ります(ノ_<)。

YT039.jpg

そこでまた別の工区に逃げます( ノД`)。

YT039.jpg

YT040.jpg

ここで上甲板のまとめにかかります。

ずっと迷っていたのは、上甲板を木甲板にするか否かということ。アニメ版は明らかにそうなんですが、それ以外の画では鮮明に描かれることが割合少なく、かなり迷いましたが、結局は貼ることにしました。エバーグリーンのプラバンという、私のいつもの手です。

YT041.jpg

ただし……この、艦首VLS(垂直発射セル)の周辺部はパスしました。微妙なところですが、アニメ版の影響が強く出たのかと思います。

YT043.jpg

問題はVLS(垂直発射セル)です。
何か流用出来ないものかと、いろいろ検討しました。
純粋にアニメ版とするのであれば、イージス艦のものをバラして、という手もあったかもしれません。が、それはちょっと洗練され過ぎていないかと……照和(昭和)20年の搭載装備ですので……とりあえず甲板にガイドラインを鉛筆で描きました。

YT044.jpg

エバーグリーンの、0.5×3.2ミリのプラ材をカットしたものを貼っていきましたが……なかなか辛い作業でした(°_°)、同サイズにカットというのがなかなか難儀。相当数のリテイクを出しつつ進めました。あまり満足出来ない結果となりました。

YT045.jpg

計20セル……コトブキヤのマテリアル(円形・輪状)を接着し、中に瞬着を流しています。
これが乾燥後、頭を少し削り込みます。

YT048.jpg

このような仕上がりです。

YT046.jpg

YT047.jpg

これもいつもの手ですが、エバーグリーンのプラ材を甲板のヘリに接着しています。手すりのエッチングパーツについてはこの時点でも、取り付けは未定ですが、もし取り付ける場合はガイドとなってくれるはずです。

……と、このあたりまでが2014年10、11月の作業です。ここで約10か月の停滞期間に突入。

YT053.jpg

2015年9月に作業再開。

YT051.jpg

しかし、迷うことしきりです……まず難問は、後部主砲の背後、ちょうどマストの土台部分。ここの形状把握が泥沼化しており、手が動いてくれません。
中央構造物近辺に関しては、対空砲等の部品のチョイスさえ終われば、サイズも把握出来て作業も進むはずですが……武装に関しては、Wikipediaを見てしまったために、さらなる悩みの種がポロポロと落ちてきます(´・_・`)。

以下、Wikipediaから武装の項目を引用・羅列しつつ簡単な検証などもまじえて進めます。

【51センチ45口径3連装主砲】
画稿では大和型の46センチ砲塔と酷似していますが、51センチ砲である以上、46センチ用の砲塔に3本の砲身を収めることはできないはずです。
昔、まほろばを製作した際、解っていながら砲身のスケールアップのみに留め、この点を妥協しましたが、日本武尊の場合は、この51センチ主砲が外観上の特徴ですので、避けては通れません。かなり模索しましたが……

YT042.jpg

たまたま、バンダイのヤマト・メカニックファイルの砲塔の在庫があり、この外装を加工するという方法で進めてみました。左はすでにタミヤのキットから砲室側面のパーツを移植しています。しかし、この加工は難航し、別の手をいろいろと考えました。実を言えば、これは中断以前の作業でして、このことが最初の中断の大きな原因でした。
迷いに迷いました……。

YT066.jpg

重要な部分ですので、現マイクロエース (オオタキ) の1/600大和を購入し、この砲塔を流用しました。
ニチモ1/700との比較はこんな感じです。

YT069.jpg

砲身の可動というギミックは活かしたいので、砲身はメカニックファイルのものを使用する予定です。

【噴進弾垂直発射機】

YT048.jpg

すでに完成しています。

【17.8センチ25連装対空噴進砲】
奇想兵器の登場です。コレ、まったく解りませんでした。私が原作やコミックをきちんと読み込んでいないだけなのかも知れませんが……しかし、Wikipediaの記述には「後部甲板に4基が格納されている」との表記が(゚д゚)

YT034.jpg

すると、例のコレなのではないかと……。

YT061.jpg

コレと考えないと、ほかに後部には候補がありません。コレということにしておきます。

【15センチ65口径成層圏単装高角砲】
さて、またも奇想兵器の登場です。

故・居村氏の画稿ですと、

YT058.jpg

おそらく、コレ↑です。15センチの単装砲としては、砲室が大きく、現用艦の主砲並みでしょうか。これは装備品からの流用ではなく、自作となりますが、8基必要というのもなかなか難儀な話です。

YT062.jpg

結論としては、利根型の連装高角砲のシールドの背面に、5500トン計巡の煙突の片面を貼って整形する方法で処理しています。8基作らなければならないのがちょっとした手間です。
この、8基、というのも気になるところで……

YT063.jpg

上面図から推測すると、この8か所以外ないのですが、艦体中央部の4基は、対空砲の類ではないかと迷いました。画稿ではっきりと判断出来ないので、数が合っている以上はこの解釈でやるしかないかと思います。

【10センチ65口径高角砲】
長10センチ高角砲、秋月型の主砲と同じものと考えて良いかと思います。

YT054.jpg

ピットロードの装備セットでは、コレなのですが、ランナーにつき1個しかセットされていません。
12基という設定ですので、ピットロードのコレで揃えると6000円程度の費用が必要です……いや、それは無理と申すもの(`o´)

YT055.jpg

これは、タカラトミーの連斬大和の「超大和型」のパーツですが、8基しか在庫がありません。

YT052.jpg

これはフジミの「超大和型」のものです。数もちょうど12基……しかしちょっと形状がぺったんこでイマイチです。
そして、12基というのもまた……

YT064.jpg

どう見ても17基あります……ただ、この図面では絵柄が不統一感があり、このうちのいくつかは【12.7センチ連装高角砲】に酷似しています。しかし、設定上は、【12.7センチ連装高角砲】は日本武尊には装備されていません。
と、迷ったら別工区に逃げですo(`ω´ )o

YT068.jpg

【15センチ65口径成層圏単装高角砲】の続きです。
砲室上の測距儀はピットロードの装備品から適当にチョイスしています。
アニメ版を観ながら作業することが多いのですが、「レーダー連動」という言葉が頻繁に出てくるため「不要か?」とも考えました。
しかし、故・居村氏の画稿では明確に描かれているため、取り付けることにしました。

また、工区を移動します(#^.^#)。

YT070.jpg

日本武尊の砲塔と構造物の巨大感……実際に建造したらトップヘビーでマズいだろうというレベルですが、それを表現するため、艦橋部分も1/600のパーツを使用します。1/700との比較です。
艦橋を大和型とどう差別化していくか、というのは大きなポイントとなります。
ほとんどそのまま流用というのも選択肢としてはあります。しかし、製作に何年もかけておいて、それでは芸がないのでとりあえずは印象深い画稿から特徴をピックアップして処理していきます。

YT084.jpg

YT085.jpg

司令塔部分は、かなり肥大化した表現がされているようです。これは取り込んでみたいと思います。

YT078.jpg

1/700のパーツを加工して、このようにしてみました。
キットの司令塔部分をカットし、HGUCのズゴックの腿の部品をはめ込みました。

YT079.jpg

流用パーツを加工して、『らしく』見えるようにしています。

YT080.jpg

こんな具合です。
バランスとしては、ほぼ狙い通りになったかと。下部艦橋もプラバンでスケールアップしています。

また工区を移動(。-_-。)

YT071.jpg

主砲の旋回可動は絶対に仕込むべきなので、新たに軸を取り付けています。この白いのは、私が毎日使用しているインスリン注射器の針のキャップです(。-_-。)。ポリ製で、1日4個ずつ無限供給が約束されているので重宝しています。ガンプラのポリキャップと径が一致する優れものです。

YT073.jpg

バーベット部分は連斬大和のパーツを流用。艦体に接着後にバーベット内部にポリキャップを固定。ここては、100均の安いパテを充填剤として使用しています。

YT074.jpg

第2主砲周りの甲板の段差を表現するため、プラバンで追加加工しています。

YT075.jpg

第2主砲の上部に、なんといえばいいんでしょうか……バルコニーのような構造物があります。
プラバンや流用パーツで製作していきますが、コイツの形状やサイズには悩まされました。

YT076.jpg

仮置きしてみましたが……これ、主砲が隠れ過ぎではないかと。
『画ならではの嘘』というヤツです。立体化すると違和感がただ事ではありません。これをどうアレンジするか……。

YT072.jpg

第1主砲の可動軸受けも同様の処理です。

YT076.jpg

しかし……コイツをどうしたものか(*´~`*)。

YT077.jpg

主砲に被さりすぎているということは、取り付け位置を前方にずらせば良いはず、甲板の延長となります。

YT087.jpg

YT088.jpg

こんな感じで仕上げてみました。側面の支柱は、1/600大和の台座の支柱を切り出したものです。

YT081.jpg

加工後、2度目のサフ吹きをし、表面をチェック。

YT083.jpg

やはり、まだまだ表面処理の作業が必要なようです。プラパテでひたすら修正していきます。

YT082.jpg

この処理の後、3度目のサフ。さらにプラパテでの表面処理を続けます。

YT086.jpg

とりあえず、このぐらいのセットで良しとしておきます。2015年10月でここまで、そしてまた他の作業を入れてしまい、休眠状態となります(#^.^#)。

1年2か月後、2016年12月、再開。

YT090.jpg

【25ミリ3連装機銃】
タミヤの大和のCランナーの部品を使用しています。この機銃が膨大な数のため、日本武尊の製作には、大和のCランナーのみが数枚必要です。

YT092.jpg

【10センチ65口径高角砲】
長いこと考え、悩みました。本来は秋月型の主砲のアレのはずですが、故・居村版や高荷画伯のソレが、シールド付き12.7センチ高角砲と酷似しています。

YT056.jpg

YT057.jpg

見た目重視ということで、ここは12.7センチ高角砲のパーツを使用します。これも大和のCランナーで供給出来るというのも大きな理由のひとつでしたが。

YT091.jpg

YT094.jpg

艦首・艦尾にも設置していきます。

YT095.jpg

艦体中央部にもこの高角砲・機銃コンビを大量に設置していく訳ですが、ここで木甲板にタンを吹いておきます。

YT096.jpg

そして、また8か月の中断を経て、今度は2017年9月……すでに製作開始から3年余りが経過。
10年以上を要した赤城には及ばないものの、大柄のため、全体像撮影はリビングのテーブルでないと厳しいです。

YT097.jpg

YT098.jpg

この後はいろいろ細部をつめていかなければならないのですが……相変わらずノープランで挑みます。

YT101.jpg

下部艦橋の窓をどうにかしないことには、今後の他の細かいパーツの取り付けにも関わってきます。
これも老眼悪化のため、ためらっていた作業ですが、エッチングで窓枠を表現していきます。

YT102.jpg

YT103.jpg

各種部品を設置していきます。

YT104.jpg

図面は1/700相当のため、中央構造物の細部は、把握しにくい部分です。
後楼は特に難しい……大部分は想像です。流用パーツででっち上げています(。-_-。)。

YT105.jpg

前楼との位置関係は、こんな感じになるかと思います。

YT063.jpg

第2主砲に被さる甲板には、上図のように【15センチ65口径成層圏単装高角砲】が2基と【10センチ65口径高角砲】が1基載ります。

YT106.jpg

このような具合に……嘘くさいです、実に(/∀\*)……コレ、【15センチ65口径成層圏単装高角砲】のバーベットや給弾装置はどうなっているんだと問い詰めたくなります。

YT107.jpg

しかし、図面を素直に解釈すればやむを得ないのです(*´~`*)。

YT108.jpg

一部では塗装も並行して進めています。

YT109.jpg

【25ミリ3連装機銃】
こいつは合計40基という設定でした。前述したタミヤ大和のCランナーで賄います。

YT110.jpg

後楼はあいかわらず苦難の作業です。

YT000.jpg

図面から読み取る作業に、ストレスが溜まります。

YT111.jpg

YT112.jpg

アレンジしつつ、図面からかけ離れないように……

YT113.jpg

マストは1/700大和から流用。基部はサウスダコタの部品へベースにかなりアレンジしつつ進めています。

YT114.jpg

YT108.jpg

最上甲板が構築されてくると、多少気が急いてきます。機銃類はそろそろ接着していって良いのではないかと。

YT115.jpg

両舷側に接着していきます。
【10センチ65口径高角砲】に挟まれている【25ミリ3連装機銃】が3基となっていますが、図面と比べると1基多いです。
40基搭載という設定に忠実にあろうとしますと、司令塔近辺に3基設置するのがかなり厳しいのが判明し、数合わせで1基増設しています。

YT116.jpg

だいぶ情報量が増えてきました。

YT117.jpg

YT063.jpg

【15センチ65口径成層圏単装高角砲】を2基設置。これで、この砲はすべて搭載完了です。

YT064.jpg

ここでまた逡巡……上面図を見ますと、明らかに司令塔前に【10センチ65口径高角砲】が1基確認出来ます。

YT118.jpg

しかし……コミック等では明確に描かれることはなかったのではないかと……昔々、アルゴノーツから販売された (ガレキを除く、おそらく唯一の立体化製品) ソフビキットでも省略されているようです。

YT119.jpg

図面通りの仕様ですと、↑こうなりますが……いや、これはやっぱり無しでしょう(*´~`*)。

YT027.jpg

今度は煙突の設置です。いろいろ物色した結果↑この「ムサイ」の煙突 (放熱口か?) が形状酷似しています。

YT137.jpg

多少の加工でほぼそのまま使えました。

YT000.jpg

側面図を見ると、前楼の後ろはかなりスカスカになっています。

YT123.jpg

こんな具合です。
ただ、故・居村氏のコミック版の画では、この位置に測距儀か方位盤の化け物のような構造物が描かれています。

YT121.jpg

YT122.jpg

このようにでっち上げてみましたが……これもまた、在りか無しかで迷います。

YT124.jpg

そこで、ネオジム磁石で着脱可能としてみました。

YT125.jpg

【25ミリ3連装機銃】
前述した通り、1基少ない状態で司令塔側面に取り付けるための加工をしています。

YT1256.jpg

取り付けるとこのようになります。司令塔内部からの視界を遮りそうなので、やはり、ここにもう1基というのは無理です。

YT127.jpg

YT128.jpg

YT129.jpg

主要構造物はおおむね構築が完了し、あとはいろいろと細かい部分のつめが残っています。

YT130.jpg

75パーセント完成といったところ。ここまで3年ほどの推移は……

YT140.jpg

YT141.jpg

YT081.jpg

YT096.jpg

YT126.jpg

……と、なんとかここまでこぎつけました(〃▽〃)。
コイツの艦体の大部分が、ニチモ30センチ大和と、ハセガワのサウスダコタで出来ているとは、もう傍目には解らないと思います。

YT133.jpg

YT132.jpg

YT134.jpg

上からです。
60基以上の対空砲でゴテゴテとしていますが、木甲板はエバーグリーンのプラバンを貼っているだけなので、割合あっさりとしています。
改装を重ねた艦と違い、大和型の木甲板も比較的あっさりとしていますので、それに倣うのが自然かと。ポラードは必要かなと思いますが。

YT136.jpg

機銃の銃身も一部取り付け始めています。

YT138.jpg

エッチングパーツでハシゴ類も……

YT139.jpg

ディテールの追加も。

YT1399.jpg

【15センチ65口径成層圏単装高角砲】の砲身は、タミヤの大和型の主砲身を切り詰め、ピンバイスで砲口を開口しています。
とんでもなくオーバースケールなのは承知ですが、相応のサイズの砲身は貧弱なため、意図的にやっています。

YT137.jpg

煙突のある甲板には、これもオーバースケールを承知で滑り止め付き床のエッチングパーツを貼っています。
エッチングパーツのほとんどは、ハセガワの旧・赤城に対応した外国製のものです。
もはや、ハセガワの旧キットを作ることも無いと思いますので。

YT142.jpg

煙突の口の処理を何も考えずに艦体に接着しておりました。

YT143.jpg

メッシュを貼ってごまかします。

YT144.jpg

細かいものをいろいろと……ホースリールは専用エッチングパーツとパイプスプリングで再現。ホースリールはキツい加工でした。このサイズ……カッターマットの大きいマス目が10ミリです。老眼の身には辛い。
150センチ探照灯は、タミヤ・大和のパーツに円形のメタルテープを貼ってみました。

YT145.jpg

十字のエッチングでも確保して、レンズの上に貼るのがベストですが、なかなか難しい作業です。とりあえず逃げました。

YT146.jpg

艦体に載せます。

YT147.jpg

前述の、前楼背部の構造物にも載せます。

YT148.jpg

前楼背面のタラップは、キットのものはバリが酷くて使用に耐えません。1/600のエッチングパーツがあるとも思えないので、プラ材ででっちあげましたが……精度がないことこの上なく(/∀\*)。

YT149.jpg

大雑把極まりない……のですが、ここをのっぺらぼうにするのも忍びないです。

YT162.jpg

前楼のトップあたり、第1艦橋の工作に手をつけます。
これは大和の図面ですが……わりあい直線的な構造をしています。キットも当然それに倣っております。

YT163.jpg

日本武尊もアニメ版はそれに倣っているように見えますが……

YT159.jpg

笠原氏の画稿はこのように曲面で……

YT161.jpg

故・居村氏の画稿も同様の表現。

YT160.jpg

高荷画伯もまた然り……

YT150.jpg

となれば、もうこれは準じて加工してやるしか道はありません。

YT151.jpg

YT157.jpg

適当な円形の流用パーツで、第1艦橋前面を加工していきます。

YT152.jpg

YT153.jpg

防空指揮所前面も同様に加工しています。

YT154.jpg

固定で考えていた主砲測距所・射撃指揮所を、なんとか旋回出来ないものか……と考え始めました。
サイズ的にポリキャップは厳しいようです。磁石でやってみます。
前楼のシャフト部分、エレペーターなどがある箇所だと思いますが、ここをネオジム磁石に置き換えます。
主砲測距所のプラの可動軸をカットし、パイプスプリングに真鍮線を通したもので差し替えます。

YT155.jpg

YT156.jpg

これで旋回可能となりました。

YT164.jpg

防空指揮所の遮風装置は、もう少し形状再現してみようと思います。

YT165.jpg

このぐらいのサイズですと、薄いプラバンを使用しても、その厚みが気になってきます。

YT166.jpg

こんな感じでしょうか。

YT167.jpg

前楼に仮置き。大きさもこんなところかと。

YT168.jpg

第1艦橋の内部構造については勉強不足で、背面の窓にはガラスは貼られていないことから、前部との仕切りはどうなっているのか(*´~`*)等々悩み、資料を漁り、友人に尋ね、結果、手持ちの資料にちゃんと明記されているという体たらくでした。やはり、ちゃんと仕切られていたようです。
……だいだい、これは「戦闘艦橋」が正しいのでは……「第1艦橋」とつい言ってしまうのは、どうしようもない刷り込みによるものです(。-_-。)。

YT169.jpg

エッチングで窓枠を再現。

YT170.jpg

この仕切られている前部分が、防毒区画とされていたようです。
この部品は1/600のものを使用していますから、1/700相当ではかなり広いスペースになりますが、アニメ版のだだっ広いイメージの部屋なので、ギャップを感じます。……

YT171.jpg

……と、この時点で2017年10月末。そして2年半の中断に入り、現在に至ります。

以前にも書きましたが、ニフティを退会したため、ココログの約12年半、999記事分がネットから消失してしまい、再構築してやる必要に迫られているのですが、なかなか容易な作業ではありません、具体的な策を見出せずにおります。
999記事の中には、数千枚の写真が含まれており、それらが画像検索でまるで引っ掛からなくなっている現状は、サイトが再来月で20周年を迎える今、あまり良い状況とは思えません。さてさて、どうしたものか(´・_・`)……。

とりあえず、今回の日本武尊とS.A.F.S.のプレイバックが済んだので、次回完成品はこのいずれかになる見込みです(^∇^)ノ。
訪問者数【2000.6.21〜 通算】
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Webmaster

 sa-toshi

Author: sa-toshi
このブログはウェブサイト『やまとは くにの まほろば』の一部です。ブログのみで閲覧されている方はhttp://www.yamato-mahoroba.netからの再閲覧を推奨致します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧