シュツルム・イェーガーへの遠い道 ♯26

シュツルム・イェーガーの続きです(´・_・`)。

202104041.jpg

しばらく脚部に集中していくことになりそうです。
そのためにも、流用パーツの確保が重要です。
どうしても供給元としては、バンダイHGUCが中心となってきます。
もともとHGUCのキットからの改造ですし、ポリキャップの互換性などから、ちょっと他に選択肢は難しい訳です。
しかしながら、一昨年の転居の際、殆どのジャンクパーツを廃棄してしまったため、これが底をついている状況でして、多少の出費で効率良く確保したいところなのですが……。

……プラモデルって、なんでこんなになってしまったかなぁ(´・_・‘)……

……いつの間にか、量販店の棚などからHGUCの箱が激減してはおりませんか(°_°)?おそらくこの半年~1年ぐらいの
間に。
パッケージイラストを見せるような箱の立て方をして、棚が大幅に空いてしまっていることを胡麻化しているみたいですね(。-_-。)。
まるで再生産された商品しか在庫がなくなっているみたいです。
先日、お台場のガンダムペース東京でも同様の状態でした。
少し前まで、旧キット含めて相当数の種類の商品が置かれていたはずなのですが……(*´~`*)。
それと時を同じくして、中古店の値上げも顕著な気がしています。
コロナ……の影響でしょうか?(°_°)。……本当に?

かくなるうえは、家の中にあるものでなんとかするしかありません。

202104042.jpg

子供から「バウ」のジャンクを譲り受けました(/∀\*)。

202104043.jpg

足首部分を流用できないかと考えたのですが……ちょっとイメージが違うのかな?(*´~`*)

202104044.jpg

10年前の想定通り、すね部分の外装は、旧キット・ゼータプラスのものを流用します。
これの位置決めはまた、試行錯誤しています。モビルスーツ状態の異形感、飛行形態への変形をどのあたりで擦り合わせできるか……

202104045.jpg

結論としては、かなりの鳥足とし、異形感重視のスタイルとしています。
バウから足首の流用を、と考えたのも、この足の甲からつま先への異常な長さ故です。
脚の1/3が足首ってかなり異様ですから……

202104046.jpg

ゼータプラスのままの、すね部分の形状をいろいろと加工する必要がありそうです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数【2000.6.21〜 通算】
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Webmaster

 sa-toshi

Author: sa-toshi
このブログはウェブサイト『やまとは くにの まほろば』の一部です。ブログのみで閲覧されている方はhttp://www.yamato-mahoroba.netからの再閲覧を推奨致します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧