フラッシュバック1983 ♯12

続きです。

mandm.jpg

10年前のブログから写真を再掲載です。
リボルテックのマックス&ミリア VF-1Jです。が……これ実はちょっと違います。
♯27 『愛は流れる』(1983-4-24)で、マックスとミリア機は、この腕のパックは付けておりません。これは映画版のデザインですので。……映画ではマックス&ミリアは最終決戦ではクァドランに乗っていますし……これって昔とは完全に逆転現象です。

1985年当時、イマイ1/100スーパーバトロイドを筆頭に、1/100のアリイの数々のスーパーバルキリーのキットは、2連ビームキャノンと翼下のミサイルポッドと反応弾の追加パーツこそあったものの、ほかのパーツは全てテレビ版のスーパーパーツのままであったかと記憶しています。イマイ1/72のスーパーファイターはボックスアートこそ映画版をフォローしつつも、キット内容は以前と同じ。
まぁこの腕のスーパーパーツ以外はそれでもまずまず問題は無かったと思うのですが……結構強引に押し切っているよなぁ……と、当時から感じていました。
余談ですが、特にアリイさんのアグレッシブルな商品展開は、VF-1Dのスーパーバルキリーや、輝機のVF-1Jスーパーバルキリー(?)、マックス&ミリアのVF1J完全変形スーパーバルキリーに2連ビームキャノンが付いていたりと、怒涛の勢いでして、高校生の身にはとても購入が追いつかず、辛かったです。

時は流れ……今やその真逆の状況となっております。やまと(現・アルカディア?)も、バンダイのキットもハイメタルもハセガワも、ありとあらゆる造形物が映画版のアレを腕に付けています。
もうだいぶ前の話ですが、『マクロス7』でエキセドルが映画版の姿で登場したのを観て、「映画版の設定が公式……という流れになっていくのか」などと思いましたが、私にとっては【テレビ版こそがマクロス】ですので、ここは拘る以外ないのです。

DSC_0111.jpg

イマイのスーパーバルキリーのスーパーパーツ部分です。おぉ、これこそまさにテレビ版!
これをカットして加工していきます。

20190920.jpg

201909221.jpg

こんな感じで加工していきます。と、1行で書いていますが、これに何日も費やしています。
ミサイルのパーツは、イマイ1/100スーパーバトロイドの流用です。

201909222.jpg

腕全体とのバランスはこんな感じになります。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>【テレビ版こそがマクロス】

同感です(テレビ局が2局だったためリアルタイム視聴ではありませんでしたが)。
リボルテックはフォッカーSを購入し背部ミサイルポッドを複製したところで止まっています。
今見たら他のスーパーパーツは箱の中でした(汗)これ手首も直さんといかんのか...

>映画版の設定が公式……という流れ

ハセガワがキット化を始めた頃、「映画版の版権しか下りなかった」という情報があり不本意ながら納得したものです。後日J型も発売され安堵しました。

>アリイさんのアグレッシブルな商品展開

あの追加ランナーはアリイ製でしたか(ヘビーウェポンとか店頭で見なかったこともあって、てっきりバンダイで追加したものだと思ってました)。参考サイト↓(先頭文字補ってください)
ttp://www.macrossworld.com/macross/models/_models_plastic.htm
テレビ版にするには反応弾がもう1セット(2基)必要になるので部品請求した記憶が有ります。

ハイメタ買っちゃったので可変バルキリー作ることはもうないと思いますが、反応弾付きのバトロイドは手元に置きたいなぁ。
訪問者数【2000.6.21〜 通算】
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Webmaster

 sa-toshi

Author: sa-toshi
このブログはウェブサイト『やまとは くにの まほろば』の一部です。ブログのみで閲覧されている方はhttp://www.yamato-mahoroba.netからの再閲覧を推奨致します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧