フォルクス・イェーガー ♯11 【2021年完成品04】

ふと、思い出しました。
41年前の今日は、『ヤマトよ永遠に』の公開日。
私は、東横線のヤマト号に乗って渋谷に向かい、今は亡き渋谷東急レックスで、観賞しました。
13歳でした。(^o^)。

さて、フォルクス・イェーガー、フィナーレです(=∀=)。

202107078.jpg

エナメルの黒と茶でウォッシングをしましたが、ふき取り作業時に、鉄十字を削ってしまいました( /ω)。
この部分は流用デカールでリテイクしました。

202107079.jpg

15歳当時、タカラの『エリア88』のキットを造っている頃から、
「どんなにオーバースケールでも、加工が拙くとも、HUDの反射ガラスは付ける」
……というのが自分に課したルールでした(*ノ∪`*)。
今回もまた同様です。もちろん、時代的にHUDではなく光学式照準器ですが。
反射ガラス板は廃品利用の塩ビ板を小さくカットして、瞬着で接着しています。

202107081.jpg

脚室部のハッチも接着し、いよいよ秒読み段階に入ります。
機首のピトー管は、キットパーツがダルいため、me262からの流用です。

202107082.jpg

ベランダに持ち出して、水性つや消しクリアを全体に吹いた後、主翼を接着しました。

202107083.jpg

キャノピーを接着し……

202107084.jpg

202107085.jpg

2021年完成品04……レベル1/72 ハインケルHe162 フォルクス・イェーガー “サラマンダー” Ver.悪魔伝の七騎士。完成です\(^o^)/。

202107086.jpg

202107087.jpg

景気付けのヘボ特撮です(ノ_<)。

202107088.jpg

……いやはや、素直にタミヤの1/48を購入すれば良いものを、古いキットを選んで苦労してしまいました……せめてドラゴンのキットにすれば良かったかな(´・_・`)。

202107090.jpg

202107091.jpg

しかし……30ウン年ぶりに、ドイツ機に帰ってこれた(?)記念品となりました……出来は……所詮私は『戦場まんがシリーズ』から入ってきたぬるいモデラーなので、こんなもんです(*´~`*)。
でも……このホームページを立ち上げる以前、20代半ばの頃は、
「これからは、WWⅡの海軍機やドイツ機が自分のモデリングの中心になるだろう(。-_-。)」
と、本気で考えていた時期があって……全く別の未来が待っていた訳ですが、手がここまで回らなかったというのも事実です。

202107089.jpg

さて、次はどうしたものか……。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

完成おめでとうございます。
昨今のプラモ事情(特にスケール物)はミキシングビルドを難しくしていますね。

ありがとうございます

久しぶりのスケールモデルでしたが、そろそろ既出の「戦場まんがシリーズ」のデカールを活用して、いろいろやってみようかと考えております。
訪問者数【2000.6.21〜 通算】
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Webmaster

 sa-toshi

Author: sa-toshi
このブログはウェブサイト『やまとは くにの まほろば』の一部です。ブログのみで閲覧されている方はhttp://www.yamato-mahoroba.netからの再閲覧を推奨致します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧