シュツルム・イェーガーへの遠い道 ♯44

202112015.jpg

シュツルム・イェーガーの続きです(*´~`*)。

202112019.jpg

とりあえず、先端部分を開口しています。

202112018.jpg

202112020.jpg

このバージョンの単装砲をイメージすると、こんな感じの仕込みになりますが……。

202112008.jpg

このバージョンの場合はどうするか(*´~`*)……。

202112022.jpg

プロペラスピナーの先端をカットしています。

202112009.jpg

完全に『ファルケ』と同一の造りになります。

202112021.jpg

このように、メインとサブの連装に……砲身は真鍮の挽き物。全くの流用品です。

202112023.jpg

202112024.jpg

プロペラの差し込み穴は流石に気になるため、ランナーで塞いで整形することにします。

202112017.jpg

続きます。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数【2000.6.21〜 通算】
カレンダー
02 | 2023/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Webmaster

 sa-toshi

Author: sa-toshi
このブログはウェブサイト『やまとは くにの まほろば』の一部です。ブログのみで閲覧されている方はhttp://www.yamato-mahoroba.netからの再閲覧を推奨致します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧