黒い大坂城 ♯14

黒い大坂城の続きです。

202205005.jpg

いつものプラバンで下見板張りの基礎を作成。

202205006.jpg

三層目の屋根との兼ね合いは、こんな感じで……どの程度の高さに調節するか……結論はまだ出ていません。
しかし……屋根のガタつきが尋常じゃあありません(ノ_<)。

202205007.jpg

強度的にも全く問題だらけのため、エポキシパテで裏打ちしています。

202205008.jpg

ここまでの階層と同様に、下見板張りの梁部分をプラ材で……と、1行で書いてますが、かなり時間をかけています(´・_・`)。

202205009.jpg

四層目をこれだけ嵩上げすると、屋根にも問題が……下の破風の屋根と接触する部分がねこのように大きく切り裂かれていますが、ここが全く接触しなくなる見込みです。

202205010.jpg

そのため、余りパーツの屋根を移植します。
ちょっと迷いましたが、小天守の唐破風部分を移植としました。

202205011.jpg

続きます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数【2000.6.21〜 通算】
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Webmaster

 sa-toshi

Author: sa-toshi
このブログはウェブサイト『やまとは くにの まほろば』の一部です。ブログのみで閲覧されている方はhttp://www.yamato-mahoroba.netからの再閲覧を推奨致します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧