黒い大坂城 ♯17

黒い大坂城の続きです。

202205014.jpg

五層目には「虎」、六層目には「鷺」の彫刻があったようだというのが定説の様です。

202205012.jpg

現在の大阪城では、どういう解釈の差異か、「鷺」ではなく「鶴」になっているようですが……。

202205025.jpg

その彫刻の処理については、また後日ですが、とりあえず五層目の外観をプラ材で加工してまとめています。

202205026.jpg

更に、六層目も現在の大阪城仕様から加工しています。

202205027.jpg

五層目、六層目をフラットブラックで塗装開始です。

202205028.jpg

三層目の下見板張り部分に柱を接着。

202205029.jpg

202205030.jpg

下見板張り部分をフラットブラック、屋根をミディアムブルー+フラットブラックで塗っています。

202205031.jpg

ざっくりと各層を重ねてみると、こんな感じです。
完全に現・大阪城の層塔型の形状を払拭して、望楼型に改修出来たと思うのですが……。
続きます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数【2000.6.21〜 通算】
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Webmaster

 sa-toshi

Author: sa-toshi
このブログはウェブサイト『やまとは くにの まほろば』の一部です。ブログのみで閲覧されている方はhttp://www.yamato-mahoroba.netからの再閲覧を推奨致します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ別記事一覧